UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13209

タイトル: 日高中軸帯北部における反射法地震探査
その他のタイトル: Seismic Reflection Experiment in the Northern Part of the Hidaka Collision Zone, Hokkaido, Japan
著者: 岩崎, 貴哉
佐藤, 比呂志
平田, 直
伊藤, 谷生
森谷, 武男
蔵下, 英司
川中, 卓
小澤, 岳史
一ノ瀬, 洋一郎
坂, 守
武田, 哲也
加藤, 亘
吉川, 猛
在田, 一則
高波, 鉄夫
山本, 明彦
吉井, 敏尅
井川, 猛
著者(別言語): Iwasaki, Takaia
Sato, Hiroshi
Hirata, Naoshi
Ito, Tanio
Moriya, Takeo
Kurashimo, Eiji
Kawanaka, Taku
Kozawa, Takeshi
Ichinose, Yoichiro
Saka, Mamoru
Takeda, Tetsuya
Kato, Wataru
Yoshikawa, Takeshi
Arita, Kazunori
Takanami, Tets
キーワード: reflection
collision
arc
deformation
Hidaka
発行日: 2001年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第76冊第1号, 2001.7.25, pp. 115-127
抄録: In 1998, a seismic reflection experiment was conducted in the northern part of the Hidaka collision zone, Hokkaido, Japan. The aim of this experiment was to investigate the style of crustal deformation associated with the collision of the Kuril Forearc against the Northern Honshu Arc, which has lasted since the late Miocene. Two profiles with 21- and 10-km lengths were shot using both vibroseis and dynamite sources. In addition, we deployed 44 offline recorders to map the deeper part of the crust. These data are also used to constrain the crustal velocities from a seismic refraction approach. This paper outlines the experiment with some representative seismic wave data obtained.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13209
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0761011.pdf2.6 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください