UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13218

タイトル: 時間差実体視による2000年有珠火山噴火に伴う隆起検出
その他のタイトル: Remarkable uplift associated with the 2000 eruption of Usu volcano, Japan detected by time-differential stereoscopy
著者: 山科, 健一郎
西村, 裕一
著者(別言語): Yamashina, Ken'ichiro
Nishimura, Yuichi
キーワード: Usu volcano
uplift
crustal deformation
time-differential stereoscopy
発行日: 2001年9月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第76冊第2号, 2001.9.25, pp. 227-235
抄録: A remarkable uplift was detected at the western foot of Usu volcano based on a series of digital photographs taken at 15.3-15.5 km west of the Nishiyama craters, which started to erupt on March 31, 2000. The observed uplift reached more than lm per day around 3-4 April, and about 10 m in total after April 3, although the central part of the uplift was invisible from the observation point. In the present research, it was confirmed that the analysis of time-differential stereoscopy using digital photographs is useful to detect crustal deformations, even from a distance more than 15 km.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13218
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0762005.pdf1.39 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください