UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13220

タイトル: 火山灰のXRF化学組成分析に基づく本質物質寄与の見積もり : 有珠火山2000年噴火を礼として
その他のタイトル: Evaluation of magmatic contribution to the 2000 eruption at Usu Volcano, North Japan, by XRF bulk ash composition analysis
著者: 嶋野, 岳人
中田, 節也
金子, 隆之
著者(別言語): Shimano, Taketo
Nakada, Setsuya
Kaneko, Takayuki
キーワード: XRF analysis
ash composition
essential material
Usu Volcano
発行日: 2001年9月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第76冊第2号, 2001.9.25, pp. 247-251
抄録: XRF analysis of bulk ash composition offers information on magma contribution easily and quickly for monitoring temporal changes of eruptions. The 2000 eruption at Usu Volcano, North Japan, started at ca. 13 : 10 on March 31. Ash emitted on March 31, April 1, 2, and 4 were collected to investigate temporal changes in bulk compositions by XRF analysis. All the ash samples are plotted in a composition range between essential material and basement rocks. Among all of the ash, that of the March 31 eruption, the largest one, has the nearest composition to the essential material. These data indicate that the ash is a mixture of the essential material and basement rocks, and that the nearer the ash composition is to the essential material, the larger is the magma contribution to the eruption.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13220
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0762007.pdf458.48 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください