UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13233

タイトル: An Introduction to the Serpentinite Biosphere in the Mariana Forearc : Capsule of the Deep Subsurface Biosphere from the Chamorro Seamount
その他のタイトル: マリアナ前弧の蛇紋岩生物圏への招待 : チャモロ海山からの地下生物圏のカプセル
著者: Fujioka, Kantaro
Yamanaka, Toshiro
Gamo, Toshitaka
Inagaki, Fumio
Miwa, Tetsuya
Sato, Hiroshi
著者(別言語): 藤岡, 換太郎
山中, 寿郎
蒲生, 俊敬
稲垣, 史夫
三輪, 哲也
佐藤, 暢
キーワード: Serpentinite
serpentinite seamount
subsurface biosphere
serpentinite biosphere
extremophile life
mantle peridotite
発行日: 2002年2月12日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第76冊第3号, 2002.2.12, pp. 417-424
抄録: n this paper we propose the possible existence of a new biosphere called the "serpentinite biosphere." We also suggest that serpentinites act as a receptacle of the deep biosphere. Analyses of geology, geophysics, biology, and chemistry of these "serpentinite capsules" are useful for determining the deepest limits of the subsurface biosphere. We obtained bathymetry, sediments, geochemical, and microbiological data from the Chamorro Seamount, a serpentinite seamount consisting of a pile of serpentinite flows in the Mariana forearc. These data reveal that serpentinite flows are products of upper mantle peridotite altered by the addition of water from the subducting slab. Alteration of peridotite to serpentinite provides hydrogen gas and methane, which are the most important energy sources for extremophile life. It also induces a buoyant rise of serpentinite diapirs, which are likely to capture and transport portions of the deep biosphere during their ascent to the surface. The conditions and the characteristics of serpentinite seamounts indicate that the serpentinite diapir is a transported capsule, or a "postcard" from the deep subsurface biosphere, as if meteorites are packages from space and snow is a letter from heaven. We should read them carefully to obtain a broader understanding of the subsurface biosphere.
我々は蛇紋岩生物圏と呼ばれる新しい生物圏の存在と蛇紋岩が地下生物圏の容器として働いている可能性を提唱する.地質学,地球物理学,生物学そして化学的な検討から蛇紋岩カプセルが地下生物圏の深さ方向の限界を知るのに有用であることを示した.マリアナ前弧の蛇紋岩フローの積み重なりからなる蛇紋岩海山の一つ,チャモロ海山から地形,堆積物,化学,微生物の試料やデータを得た.これらのデータは蛇紋岩フローは上部マントルのカンラン岩が沈み込むスラブからの水の供給によって変質したものであることを示している.カンラン岩が変質して蛇紋岩になるときに極限の生命にとって有用なエネルギーである水素ガスやメタンを供給する.また蛇紋岩ダイアピルの浮力を生じそれが地表まで上昇してくる途中に地下生物圏の物質を捕獲する可能性がある.蛇紋岩海山は蛇紋岩ダイアピルが運搬されてきた地下生物圏のカプセルまたは手紙であることを示す.あたかも隕石が宇宙からの雪が空からの手紙であるように.地下生物圏を広く理解するためにこれらを注意深く読まなければならない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13233
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0763012.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください