UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13247

タイトル: フィッション・トラック法からみた日高山脈の隆起時期
その他のタイトル: Uplift History of the Hidaka Mountains : Fission-track Analyses
著者: 小野, 昌子
著者(別言語): Ono, Masako
キーワード: Hidaka Mountains
Uplift history
Thermochronology
Zircon
apatite
発行日: 2002年12月27日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第77冊第2号, 2002.12.27, pp. 123-130
抄録: The Hidaka Mountains are located in the southern central Hokkaido. The area is underlain mainly by Tertiary metamorphic and plutonic rocks, and is called the Hidaka metamorphic belt. Systematic zircon and apatite fission-track analyses across the southern part of the mountains unraveled the uplift history of the Hidaka Mountains. In the main part of the mountains, zircon FT ages show rapid cooling, while apatite FT ages show slower cooling. These results may indicate early rapid uplift slower later uplift of the Hidaka Mountains. The early rapid cooling (12-17 Ma) of the main part of the mountains leads to the conclusion of an earlier uplift than formerly assumed (e.g. Miyasaka, 1987). On the other hand, FT ages, almost 40 Ma, in the eastern part of the mountains are consistent with the occurrence of Oligocene sediments in the Hidaka coastal range, which shows the possibility of old mountains existing before 30 Ma.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13247
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0772004.pdf835.63 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください