UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13248

タイトル: 稠密展開屈折法探査による十勝構造盆地浅部構造の解明
その他のタイトル: Shallow structure of the Tokachi basin revealed by a seismic refraction experiment with dense receiver array, Hokkaido, Japan
著者: 鈴木, 和子
河村, 知徳
越後, 智雄
岩崎, 貴哉
平田, 直
佐藤, 比呂志
宮内, 崇裕
伊藤, 谷生
井川, 猛
著者(別言語): Suzuki, Kazuko
Kawamura, Tomonori
Iechigo, Tomoo
Iwasaki, Takaya
Hirata, Naoshi
Sato, Hiroshi
Miyauchi, Takahiro
Ito, Tanio
Ikawa, Takeshi
キーワード: seismic refraction
dense receiver array
Tokachi basin
Hidaka Collision Zone
発行日: 2002年12月27日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第77冊第2号, 2002.12.27, pp. 131-138
抄録: The Tokachi Basin, the second largest sedimentary basin on the Japanese islands, is located in the hinterland of the Hidaka Collision zone, Hokkaido. The eastern part of the basin is bounded by the NS trending Tokachi active fault system, which is an east-dipping reverse fault system. In 1999, an extensive seismic reflection survey was undertaken across this basin, from which inportant information on the shallow part of the basin structure was obtained. This paper presents the seismological structure from the refraction analysis with its preliminary geological interpretation.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13248
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0772005.pdf1.35 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください