UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13250

タイトル: 北海道日高衝突帯前縁部における屈折・広角反射地震探査 : 大滝-平取測線
その他のタイトル: Seismic Refraction / Wide-angle Reflection Experiment across the Foreland Area of the Hidaka Collision Zone, Hokkaido, Japan : Ohtaki-Biratori Profile
著者: 爆破地震動研究グループ
著者(別言語): Research Group for Explosion Seismology
キーワード: Collision
fold-and-thrust
refraction
deformation
発行日: 2002年12月27日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第77冊第2号, 2002.12.27, pp. 173-198
抄録: In August, 2000, an intensive wide-angle seismic experiment was carried out across a foreland area of the Hidaka Collision Zone, Hokkaido, Japan. The 114-km EW profile line of this experiment almost coincides with the eastern half of a 227-km profile undertaken in 1999 from the NE Japan arc to the Kuril forearc across the Hidaka Collision Zone. The aim of the 2000 experiment was to elucidate the deep crustal structure in the fold-and-thrust belt formed by the collision of the NE Japan arc and the Kuril forearc. A total of 327 stations on the profile line recorded four explosive shots with 100-300 kg charges. The complicated seismograms obtained strongly indicate the occurrence of velocity reversal at depths. This experiment also provided important data to constrain the crustal structure west of the Ishikari-Tomakomai Lowland, which was not resolved from the 1999 experiment.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13250
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0772007.pdf1.99 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください