UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13251

タイトル: 大学合同臨時地震観測によって決定された島弧-島弧型日高衝突帯付近の震源分布と震源メカニズム解
その他のタイトル: Distribution of Hypocenters and Focal Mechanisms in and around the Hidaka Arc-Arc Collision Zone Revealed by a Dense Temporary Seismic Network
著者: 勝俣, 啓
和田, 直人
笠原, 稔
岡山, 宗夫
一柳, 昌義
石川, 春義
高田, 真秀
長, 郁夫
海野, 徳仁
岡, 知己
中村, 綾子
堀, 修一郎
立花, 憲司
河野, 俊夫
仁田, 交市
橋本, 恵一
伊藤, 喜宏
五十嵐, 俊博
中島, 淳一
浅野, 陽一
伊藤, 亜妃
内田, 直希
宗田, 靖恵
氏川, 尚子
長谷見, 晶子
出町, 知嗣
平田, 直
卜部, 卓
酒井, 慎一
著者(別言語): Katsumata, Kei
Wada, Naoto
Kasahara, Minoru
Okayama, Muneo
Ichiyanagi, Masayoshi
Ishikawa, Haruyoshi
Takada, Masamitsu
Cho, Ikuo
Umino, Norihito
Okada, Tomomi
Nakamura, Ayako
Hori, Shuichiro
Tachibana, Kenji
Kono, Toshio
Nida,
キーワード: Arc-Arc Collision Zone
Hidaka Mountains
temporary seismic observation
distribution of hypocenters
focal mechanisms
発行日: 2003年1月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第77冊第3号, 2003.1.31, pp. 199-223
抄録: A group of seismologists from eleven universities operated a dense temporary seismic network from July 1999 to July 2001 in and around the Hidaka Collision Zone, Hokkaido, Japan, where the Kurile Island arc and the northeastern Japan arc meet and collide. All waveform data were telemetered by way of a communication satellite and recorded continuously. We obtained seven thousand well-located hypocenters and 351 focal mechanisms. This research forms a part of "The new Program of the Study and Observation for Earthquake Prediction" in Japan started after the Hyogoken-nanbu (Kobe) earthquake in 1995.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13251
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0773001.pdf2.89 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください