UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13252

タイトル: 北海道北東部における爆破地震動の観測
その他のタイトル: Seismic Refraction Experiment in the Northeastern Part of Hokkaido, Japan
著者: 平, 貴昭
森谷, 武男
宮町, 宏樹
和田, 直人
平野, 舟一郎
大塚, 健
松原, わかな
丸山, 保洋
著者(別言語): Taira, Tkaaki
Moriya, Takeo
Miyamachi, Hiroki
Wada, Naoto
Hiano, Syuichiro
Otsuka, Ken
Matsubara, Wakana
Maruyama, Yasuhiro
キーワード: explosion seismic observations
crust
Tokoro belt
発行日: 2003年1月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第77冊第3号, 2003.1.31, pp. 225-230
抄録: A seismic refraction experiment with 75 seismometers and 4 explosions (J-1 to J-4) was carried out in the northeastern part of the Hokkaido on July 24, 2000. A 162-km profile extended in the NNW-SSE direction. The profile was geologically located above the Tokoro belt to investigate the deep structure of the back arc of the Kurile Arc and its relation with geothermal gradient. We only measured a one-direction shot. High-quality records were obtained along the profile for J-l and J-4 shots. The large fluctuation among the first arrivals at each station strongly suggests the existence of a very complicated sedimentary layer at the surface. We could estimate the depth of the upper surface of the lower crust and Moho discontinuity, and the surface sedimentary layer was proved to be thin (0.5 km) in the Tokoro belt.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13252
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0773002.pdf568.26 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください