UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13259

タイトル: 地震研究所マグニチュードとモーメントマグニチュードの関係の理論的考察
その他のタイトル: Comparison between ERI magnitude and moment magnitude based on theoretical source, path, and site effect
著者: 井出, 哲
著者(別言語): Ide, Satoshi
キーワード: ERI magnitude
moment magnitude
omega-square model
constant stress drop scaling
constant Q
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第77冊第4号, 2003.3.31, pp. 337-342
抄録: Magnitude of Earthquake Research Institute (ERI), University of Tokyo, ME, is determined using an empirical equation of Watanabe (1971). Based on the omega-square source model, constant stress drop scaling, constant Q, and instrumental response, we calculated a typical waveform for each event with a given seismic moment and MW to estimate its ME. This leads to theoretical relationships, which show 1)saturation for MW>6, 2)overestimation of ME for 3<MW<5, and 3) underestimation of ME for MW<2. Under MW 2, ME scales with 1.5MW, which may affect the estimation of b-value of the Gutenberg and Richter equation. Catalogue values of ME and MW for small and medium events show the predicted trend.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13259
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0774002.pdf430.24 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください