UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1390

タイトル: 書くことと生き方の摸索 : 中高年期の学習活動としての可能性
その他のタイトル: Groping for life through writing : The possibility of learning in middle-old age
著者: 中川, 恵里子
著者(別言語): Nakagawa, Eriko
発行日: 1996年3月31日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 20号, 1996.3, p.71-80
抄録: In Japan, since the movement of Seikatsukiroku in 1950's, the meaning of writing of common people about their lives has been argued from not only learning, but also historical or cultural point of view. This paper, by presentating a lot of writings of middle-old aged persons about their lives and analizing them, discusses the reason why they dare to write about their lives today. Based on that thinking, we try to elucidate the relationships between the writing and mans mental development in life-stage, and to consider the meanings or the possibility of writing. As a result, we find writings develop not only the recognition or creativity, but also emotional advancement. The following subject is to find the way how to deal with or analyze self-expression.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1390
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000696166.pdf1.18 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください