UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1425

タイトル: 1970年代における高齢者教育事業論の展開
その他のタイトル: The Argument on Educational Services for the Elderly in 1970s' Japan
著者: 伊藤, 真木子
著者(別言語): Itoh, Makiko
発行日: 2002年12月25日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 27号, 2002.12, p.51-60
抄録: Many local governments have taken steps to support the elderly's learning activities broadly in line with the policy of the central government since 1970s. But today, it is often pointed out that they have been all makeshift and issueless campaigns. And now, we have only the vaguest idea of the argument in support of educational policy for the elderly. From some official bulletins and other publicity matters, this article reviews the varying view points and some of the major issues which have driven and outlined the central government's strategy during 1970s.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1425
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000735947.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください