UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1428

タイトル: 米国の青少年個別支援型メンタリングプログラムの展開と方法 : 子供と大人と地域を繋ぐ成人・生涯発達論の「動的システム」的パラダイム転換
その他のタイトル: The Development and the Arts of One on One Mentoring Programs for Youth in USA : An Idea of the Paradigm Shift from Traditional Lifelong Development Concepts to Dynamic Systems Approach Linking Youth to Adults in Communities
著者: 中川, 恵里子
著者(別言語): Nakagawa, Eriko
発行日: 2002年12月25日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 27号, 2002.12, p.81-91
抄録: Why is it difficult for adults to support youth today ? In this paper, I will explore this problem on examining the development and the arts of one on one Mentoring Programs for Youth at risks in USA, especially noticing the risks of programs. Nevertheless, I dare say mentoring is one of the effective methods not only to support youth but to be rewarding to adults mentors, if it is carried out of caring for youth concern. From these points of view, I suggest the paradigm shift from traditional linear development concepts that adults expect for youth to be, to dynamic systems approach to the development linking youth to adults.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1428
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000735950.pdf1.13 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください