UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15336

タイトル: ヨーロッパ化する党派政治空間 : 「第三の道」の欧州テスト
その他のタイトル: Europeanized Partisan Space ? : 'The Third Way'on European Trial
著者: 小川, 有美
著者(別言語): Ogawa, Ariyoshi
キーワード: 党派政治アプローチ
欧州政治指導者
第三の道
トニー・ブレア
言説構成分析
発行日: 2003年1月30日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第1号, 2003.01, pp. 67-81
抄録: EU研究では脱国民国家化と国益のいずれを強調するにせよ,領域的な関心が中心となってきたのであるが,近年「党派政治アプローチ(partisan approach)」が現れている.公共空間がヨーロッパ化した状況では,党派政治もまた国内政治から欧州委員会,欧州議会,脱国家利益団体,社会運動等,多次元にわたる.従来政府間関係ととらえられてきた政治指導者関係の中にも,党派政治の発展形態を見出すことができる.そのような例として,ブレアの「第三の道」が同盟をつくり出し,欧州の社会民主主義勢力を再編しようとした戦略がある.だがそれは必ずしも欧州社民・労働勢力の間にコンセンサスを構築できず,むしろブレアは,限りなく「右派」に近い政治家という批判も受けることになった.このような限界は,欧州政治指導者空間における党派政治の発展可能性を直ちに否定するものではなく,党派政治の前提となる現実認識と選択肢の「言説」の未整合を指摘できる.
In the European integration study, territorial dimension - either stressing supra-nationalism or national interests - has been the dominant theoretical concern. But new "partisan approaches" are shedding light on multiple European political spaces such as domestic politics, the European Commission, the European Parliament, Euro-interest groups and social movements, as well as the European political leadership. A European partisan approach would examine Tony Blair and his "Third Way" not solely as domestic and intergovernmental politics but-as a strategy of social democratic reconstruction of Europe. Though Blair ended up being called rather centre-right than left, this does not mean impossibility of any partisan strategy. "Discursive construction approach" will add to explanation of the present difficulty of Europeanized centre-left leadership.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15336
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191882.pdf1.09 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください