UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15338

タイトル: ユーロ経済とEUの基礎
その他のタイトル: The Euro Economy and the Foundations of the EMU
著者: シュルツ, マルティン
著者(別言語): Schulz, Martin
キーワード: ヨーロッパ通貨統合(EMU)
マクロ経済
金融政策
財政政策
経済政策
発行日: 2003年1月30日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第1号, 2003.01, pp. 101-125
抄録: 欧州経済通貨統合(EMU)の準備と統合への参加の過程を適じて,大部分のヨーロッパ諸国はそれまで長らくとってきた統合へのアプローチを転換させた.国際的資本移動の重要性の高まりに対応して,ヨーロッパ諸国は従来の貿易重視の規制(緩和)政策(これはマクロ経済の不安定を伴った)から,金融財政政策に対する厳しいルールを設ける体制に転換したのである.短期的には相互不信と政策上の膠着状態はあったものの,マクロ経済的安定と民間市場への介入抑制というこの新たなコンセプトは,(地域的)資本移動を促進し市場における民間のイニシアティブの余地を拡大することによって経済成長の可能性を拡大することになる.このようなミクロ経済的整合化から,マクロ経済的整合化へのコンセプトの転換は,安定と成長を必要としている他の国々にとっても重要な手本となるであろう.しかしながら,通貨統合自体を他の地域でそのまま経済安定のための青写真として用いることは極めて困難であろう.
When preparing and entering the European Monetary and Economic Union (EMU), most European countries turned their longstanding approach to integration upside-down. As a reaction to the increasing significance of international capital flows, they switched from a trade-oriented emphasis on ever-increasing (de-) regulation (but poor macroeconomic stability), to a regime of strict rules for monetary and fiscal policy. Beyond short-term distrust and policy deadlocks, this concept of macroeconomic stability and reduced interference in private markets should unlock growth perspectives by providing room for (regional) capital flows and private market initiatives. This conceptual turn from microeconomic to macroeconomic harmonization offers an important example for other countries in need of stability and growth-although the currency union itself cannot directly be used as a blueprint for economic stabilization in most other regions.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15338
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191884.pdf1.72 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください