UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15343

タイトル: 対抗措置制度における均衡性原則の意義 : 均衡性原則の多元的把握へ向けての予備的考察
その他のタイトル: Principle of Proportionality in the Law of Countermeasures : Critical Analysis of Naulilaa Formula and Prospect of the Functional Analysis
著者: 岩月, 直樹
著者(別言語): Iwatsuki, Naoki
キーワード: 平和的紛争解決
紛争処理
対抗措置
復仇
非軍事的強制力
発行日: 2003年1月30日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第1号, 2003.01, pp. 245-259
抄録: 均衡性原則に関しては対抗措置制度の要諦としてその重要性が強調される一方で,その不明確さが従来から指摘されてきた.一般に学説は同原則を論じるに際し,1928年のNaulilaa事件仲裁裁決で示された定式に従い,均衡性を先行違法行為と対抗措置との比較として捉えてきた.しかし,武力不行使原則と平和的紛争解決原則を紛争処理の基本原則とする現代国際法において,依然として戦間期に示された定式において均衡性原則が捉えられると考えることは難しい.それ自体が一つの紛争処理手続とされていた伝統的国際法における平時復仇制度とは異なり,現代国際法上の対抗措置制度は紛争処理を促し,平和的に紛争を処理・解決するための補助的手段として認められる.そのような制度において妥当する均衡性原則は,紛争処理過程において対抗措置を要請する必要性と,執られる措置がその限界内に留まるか否かを判断するための判断枠組みの対応関係として捉えられなければならない.
It is generally considered that the principle of proportionality is firmly established in the contemporary law of countermeasures. However, its content is not necessarily made explicit enough. Academic opinions are divided on how it is to be applied in a concrete case with what criteria (damages incurred, gravity of the illegal act committed, purpose of measures, etc). This article inquires into the origin of this uncertainty by examining the scope of the 1928 Naulilaa arbitral award, which has long influenced our understanding of proportionality, and by questioning its continued validity in contemporary international law of countermeasures. Unlike reprisals in traditional international law, countermeasures are nothing but an auxiliary means that a party to a dispute may resort only in exceptional cases to make the other party cooperate in settling their dispute by amicable means such as negotiation. In conclusion, it is proposed that, in light of this specific function given to countermeasures today, the proportionality cannot be measured by a single formula but by employing several frames of reference each corresponding to different nature of necessity which impels specific countermeasures to be taken.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15343
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191889.pdf1.43 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください