UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15345

タイトル: 投票行動の理論と日本政治研究 : 社会的影響仮説を素材に
その他のタイトル: Theory of Voting Behavior and Comparative Politics Research
著者: 前田, 幸男
著者(別言語): Maeda, Yukio
キーワード: 投票行動
社会的影響
日本政治研究
アメリカ政治研究
政治学方法論
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第2号, 2003.03, pp. 3-25
抄録: 米国において全国規模の選挙調査が稀であった時代には,集計データ分析,あるいは地方小都市調査による投票行動研究が主流であったが,そこでは社会的影響仮説は重要な研究主題の一つであった.しかし,全国規模の調査が選挙研究の主流になる1950年代以降,社会的影響仮説の研究は顧みられなくなる.1960年代以降も幾つかの論文が散在したとは言え,それらはいずれも深刻な方法論的問題を抱えたものであった.1980年代以降社会的影響仮説に対する関心は再び高まったが,そこでは従前の方法論的困難を克服するために,斬新な設計を施した調査がハックフェルトとスプラーグにより行われた.日本の選挙データを用いた社会的影響研究はフラナガンとリチャードソンの研究を嚆矢とするが,彼らは極めて小さな社会的影響しか発見できなかった.これに対して近年のハックフェルトとスプラーグの研究に触発された社会心理学者の研究は別の角度から日本人の投票行動における社会的影響を明らかにした.ただし日本における社会的影響研究は日米の制度的違いを明確に意識して行われていないので,幾つかの点で改善の余地があるように思われる.米国製の理論を日本に応用する際の陥穽が最後に検討される.
This paper reviews the studies on social influence in public opinion research in the United States and Japan. In the U. S., social influence was an important research topic when aggregate data analysis and small-city survey were primary research strategy. However, as nation-wide survey research became a common practice, social influence faded away from research agenda partly because nation-wide survey makes it difficult to examine how social environment shapes people's attitudes and behavior. The recent studies on social influence explicitly takes that difficulty into account and employ small-area research as an essential tool to examine social influence. The research on social influence in Japan initially focus on social influence via vertical social relations and finds a minimal impact on voting behavior. Being influenced by the American scholar-ship, the recent studies focus on social influence through horizontal ties. However, the studies on social network influence in Japan do not seriously consider institutional difference between the U. S. and Japan. More attention to comparative analysis is needed among the Japan specialists to contribute theoretical development of electoral behavior research.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15345
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191900.pdf1.87 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください