UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15346

タイトル: 比較政治と国家機構の分析 : 政策ネットワーク論を中心に
その他のタイトル: The Policy Network Thesis : Beyond the State-Society Dichotomy
著者: 中野, 晃一
著者(別言語): Nakano, Koichi
キーワード: 国家機構
政策ネットワーク論
比較政治理論
政策過程研究
組織制度研究
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第2号, 2003.03, pp. 27-43
抄録: 本稿では,政策過程における国家・行政機構の位置付けや役割を巡る,国家論や制度論などの比較政治の議論の変遷を概観した後,この論争の中での理論的立場の一つとして,政策ネットワーク論に注目する.政策ネットワーク論は元来,多元主義論を祖としながらも,今日ではいわゆる新制度論をより具体化させた議論としての側面を持つことから,社会中心主義と国家中心主義の交差地点上の議論と考えることが出来る.一般に,これら二大潮流の政策過程論は近年相当な収束を見せており,社会との相互関係を無視する国宗論的分析は現在考えにくいし,制度の重要性を認識しない行動論も稀有となった.日本政治における政策過程・組織制度研究も,国家レベルでの特徴づけを図るいわば大括りなものから,より実証性の高いセクター・レベルのものに重点が移ってきたことが指摘できる.
Following a brief historical overview of the debate over the role of the state in the policy process in the field of comparative politics, this article examines the development of the policy network thesis. While the roots of this thesis can be traced back to pluralism, recent literature shows strong affinities with new institutionalism, and even some variations of state theory. In that sense, the policy network thesis may be located at the crossroads between the state-centric and society-centric traditions in comparative politics. In general, one may point to a trend towards convergence between these two schools in recent scholarship. Much the same may be said about the study of Japanese politics, in which nuanced case studies with clear sectoral focus have become increasingly common.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15346
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191901.pdf1.26 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください