UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15348

タイトル: 「中国の台頭」と同盟理論
その他のタイトル: The Rise of China and Alliance Theory
著者: 樋渡, 由美
著者(別言語): Hiwatari, Yumi
キーワード: 冷戦終結
日米
中国
同盟
抑止
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第2号, 2003.03, pp. 77-100
抄録: 本稿は,冷戦後のアジア太平洋地域における「中国の台頭」に対して,日米両国が同盟を通じてどのように対応し,そのことが地域における紛争の可能性にいかなる影響を及ぼすかという問題をとりあげ,従来の同盟理論に再検討を加え,90年代に生じたさまざまな出来事を説明した主要な議論を整理しつつ,理論と現状分析の結びつきを探ることを目的とする.中でも,同盟の抑止効果に着目したJames Morrowのモデルをとりあげ,冷戦後のアジア太平洋地域に支配的な不確実性のもとでの日米対中国の戦略関係をこのモデルに基づいて分析することの可能性について議論する.これを通じて,冷戦後の日米同盟の「強化」の意義や,冷戦後唯一の超大国となったアメリカを同盟相手国にもつweakerallyの抑止戦略とそれにもとづく行動選択の可能性を明らかにすることができるであろう.
In this article, I review existing alliance theories and several articles on "the rise of China" in the post-cold war era. The purpose of the review is to provide the theoretical basis for explaining the probability of crisis escalation and conflict in Asia-Pacific region. I particularly put emphasis on the theory that focuses on deterrence effect of alliance. I argue that we need to reexamine the extended deterrence model of James Morrow and reinterpret it so that we can apply the model to the post-cold war deterrence strategy taken by Japan, the weaker ally, as well as the United States. Morrow's model gives us a hint to understand the strategic interaction between the rising power and the majorally, and the strategic role the weaker ally might play in that game.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15348
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191903.pdf1.87 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください