UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15355

タイトル: 中国証券法の生まれ出ずる悩み
その他のタイトル: Destined trouble of the Chinese Securities Law
著者: 田中, 信行
著者(別言語): Tanaka, Nobuyuki
キーワード: 中国
証券法
会社法
国有企業改革
WTO
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第3号, 2003.03, pp. 61-86
抄録: 中国の証券法は激しい論争を経て98年にようやく成立したが,論争の成果を反映したものとはならず,時代に遅れた姿のまま誕生した.証券法が施行されてからまもなく,中国はWTO体制の構築へと転換に動き始め,法制度の整備が進められた.証券市場も国際化とそのための規範化を急ピッチで進めているが,証券法は蚊帳の外に置かれたままになっている.本来,国有企業改革における法的支柱のひとつとして期待されて登場したはずの証券法が,なぜかくも惨めな境遇に貶められているのか.本論文は,それが置かれている現在の正常とはいいがたい状況の根源を明らかにし,そのことが提示する問題の意味について考察することにより,今後の改革のなかで証券法に課せられている課題とは何かを展望する.
Through the stormy argument, the Chinese securities law was finally enacted in 1998. But it didn't reflect the result of the argument, and it was born in the outdated style. China would convert into construction of the WTO system soon after the securities law was enacted, and maintenance of the legal system was advanced. Although the securities market proceeds with the internationalization and standardization for that at high speed, the securities law was unrelated. Why is the securities law which was expected as one of the legal supports in the reform of state-owned enterprises, must have appeared in such a miserable situation? This paper analyzes the root of the securities law placed present situation. The meaning of the problems that it presents is examined, and the subjects in the future reform is viewed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15355
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191919.pdf2 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください