UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15357

タイトル: 中国自動車産業のサプライヤー・ネットワーク
その他のタイトル: The Supplier Network of Chinese Automobile Industry
著者: 丸川, 知雄
著者(別言語): Marukawa, Tomoo
キーワード: 中国
自動車
サプライヤー
取引関係
集中
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第3号, 2003.03, pp. 125-152
抄録: 本稿は中国における乗用車メーカーと部品メーカーの取引関係をデータによって分析した.乗用車メーカーは,中下級車については1種の部品を複数の部品メーカーから購入しているのに対して,高級車の場合は1社のみから調達する傾向が強いこと,また乗用車メーカーは近隣地域から調達する傾向が強いことを確認した.そして,乗用車生産量が最も多い上海市からは市内および隣接する江蘇省,浙江省の部品メーカーに需要が波及し,生産規模を拡大した部品メーカーは他地域の乗用車メーカーに対する納入も拡大していることがわかった.つまり,乗用車産業がその近隣に部品産業の集中を呼ぶだけでなく,乗用車生産の拡大が近隣の部品産業の競争力を増すという相乗的拡大効果があることが示唆された.
This paper analyzes the patterns of transactions between the car makers and suppliers in China using a data set of supplier relationships of the Chinese automobile industry. We found that whereas the car makers which produced medium to low class cars had a tendency to purchase each item of their parts from more than one supplier, those which produced high class cars purchased parts from only one supplier for each item. The car makers also have a tendency to purchase from neighboring areas. From Shanghai, where the car production is the largest, demand for parts spills over not only to Shanghai city, but also to neighboring Jiangsu and Zhejiang provinces. These neighboring suppliers are more advantageous in getting orders even from car makers in other provinces, because their competitiveness has been strengthened by supplying Shanghai car makers and realizing scale economy.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15357
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191921.pdf1.98 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください