UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15361

タイトル: 自伝的記憶はどのように形成されるのか? : ライフイベント研究からのアプローチ
その他のタイトル: How is Autobiography-memory Formed ?
著者: 高橋, 正樹
著者(別言語): Takahashi, Masaki
キーワード: 人生経験の研究
自伝的記憶
ライフイベント
記憶の持続と置き換わり
出来事経験への感度
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第4号, 2003.03, pp. 59-74
抄録: 人の意識や行動様式を規定するのは,属性や置かれた環境だけではなく,個々人の出来事の経験とその積み重ねとしての人生経験である.しかし,量的な調査において,ライフヒストリーに代表される質的調査が主導してきたこうした視点を欠きがちであった.本論文では,量的な手法を活かしつつ,この人生経験をとらえる手法としてライフイベント研究をとりあげた.個々の出来事経験はモノのように記憶の中で出し入れされたりするような固定されたものではなく,記憶化される中で変容していく動的な特徴をもつ.自伝的記憶のこうした特徴を,その形成過程にまで視野を広げて実際の調査データを基に考察した.分析において,より影響力の強い出来事経験と出来事経験への感度という視点を提起し,自伝的記憶形成モデルとして,職業・仕事を軸としたモデルと(男性に多い),家族の出来事への配慮を軸としたモデル(女性に多い)をとらえた.
People's consciousness and behavioral pattern is influenced not only by environment and ones'attribute but also by one's life-events and the life experience as the pile. However, quantitative investigation tends to lack such a viewpoint which the qualitative investigation has led life experience. This paper took up "life event research" as the technique of catching this life experience taking advantage of the quantitative technique. Each occurrence experience is not fixed, but dynamic in memory. In this paper based on actual investigation data I extended the view even in the formation process and considered such a feature of autobiography-memory with the dynamic feature, which changes while being memorized. And the viewpoints of the more strong influence of and the sensitivity to life events to were raised. There the model centering on an occupation and work, and the model centering on consideration of a family's occurrence were regarded as autobiography-memory formal tion models.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15361
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191934.pdf1.11 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください