UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15364

タイトル: 内戦化する世界 : 現代武力紛争法の歴史的位相
その他のタイトル: Internalized International War and Internationalized Internal War : the Contemporary Phase of the Law of Armed Conflict
著者: 寺谷, 広司
著者(別言語): Teraya, Koji
キーワード: 主権
植民地問題
内戦
武力紛争法
テロリズム
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第5号, 2003.03, pp. 5-39
抄録: 「内戦」は主権国家の内部で起きる戦争だとされる.しかし,国際的テロリズムの影響の増大に見られるように,今日,主権国家体系からの説明能力が減じていることから考えると,むしろ,世界全体が「内戦化」しつつあると把握し直してみる価値がある.歴史的に概観するなら,内戦を統御する目的・過程で近代国家が誕生した.一般には,国家間のルールたる「国際法」が存在し,その一分野としての武力紛争法があると理解されているものの,近代国家の成立事情からすると近代国家とは武力紛争法そのものだと言える.そして,紛争が極地化されずに国家全体へと拡張する総力戦,恒常的国際紛争としての冷戦,恒常的・潜在的内戦としてのテロを経験する過程で,世界は再び「主権」を国家に独占させない近代以前の状況へと回帰している.このことが,人権法と人道法の接近や国際刑事法の発展という今日の武力紛争法の展開と関わっている.
Internal War (Civil War) is supposed to be a war between two or more groups of inhabitants of the same state. Considering from decline of sovereign state system, however, it is worth regarding the whole world as civil war itself. From historical and philosophical point of view, a modern state is accumulation of law of armed conflict. Modern states were born in and for civil war. However, states in the contemporary world cannot perform their purpose individually after the emergence of several types of wars ; total war as a spreader of war over the whole state, cold war as a permanent international conflict and terrorism as a permanent potential internal war. Our world seems to return to pre-modern age when states do not occupy "sovereignty" exclusively. This influences the recent development of law of armed conflict.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15364
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191946.pdf2.81 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください