UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15371

タイトル: 市場と企業家活動 : 橋本寿朗『戦後日本経済の成長構造』をめぐって
その他のタイトル: Market and Entrepreneurship : A Review-On Hashimoto Juro's Works-(<Special issue>Rethinking of Japanese economy in 1990s)
著者: 武田, 晴人
著者(別言語): Takeda, Haruhito
キーワード: 企業家活動
橋本寿朗
経済発展
企業
市場
発行日: 2003年3月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第54巻 第6号, 2003.03, pp. 33-59
抄録: 本稿は,橋本寿朗『戦後日本経済の成長構造』を中心に,橋本が経済発展のダイナミズムを描く方法として模索した企業家活動の捉え方をめぐって,なぜ,橋本がそうした観点に立つに至ったかを,『大恐慌期の日本資本主義』から「20世紀システム」に至る,その研究の展開を追うなかで検討する.発展のエンジンとしての企業に注目することになる橋本の視点が,戦後日本経済の分析ツールとして利用されていた標準的な経済学の枠組みに対する正当な疑問に基づいて,この数年間に新しい展開を模索していたことを示し,それの研究史上での意味を,橋本が準拠したカーズナーやミーゼスの考え方に基づきながら検証し,それがシュンペーター的な企業家論とは明確な一線を画すべきものであったこと,しかし,その点についての橋本の言明はあまり明快ではなく,これを継承発展していくためには,「創造的反応」と「創造的適応」との関連などを,より的確な分析ツールとして明確化していく必要があることを指摘する.さらに,その企業家活勅諭に基づくアプローチに関わってなお残されている問題点を明らかにする.
This paper reviews Hashimoto Juro's studies on entrepreneurship, which he saw as the key issue concerning the dynamism of economic development. Hashimoto came to pay attention to enterprise as the engine of development through his works, beginning with 'Japanese Capitalism in the Great Depression,'published in 1984, and through 'Market Ignorance, Entrepreneurship, and Creative Adaptation'in 2002. His challenge to the theoretical approach based on neoclassical economics provided a new insight into historical studies. Although he did not make clear the difference in theoretical bases between J. A. Schumpeter's works on entrepreneurship and those of I. M. Kirzner, we can bring to light a new viewpoint through an intensive discussion on entrepreneurship along the lines of his challenge.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15371
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191962.pdf2.24 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください