UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15386

タイトル: 若年無業・周辺的フリーター層の現状と問題
その他のタイトル: Jobless Youth and 'Periphery Freeters'in Japan(<Special issue>New Approaches to the Study of 'Freeters')
著者: 小杉, 礼子
堀, 有喜衣
著者(別言語): Kosugi, Reiko
Hori, Yukie
キーワード: 「中核的」フリーター
「周辺的」フリーター
無業
就業支援
NEET
発行日: 2004年1月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第2号, 2004.01, pp. 5-28
抄録: これまで様々な論者によって研究が進められてきた「フリーター」は,主として「残業のない正社員なみ」に働いている若者が多く含まれていた.こうした若者を本稿では「中核的」なフリーターと位置づけ,「あまり働いていない」者を「周辺的」フリーターとし,さらに「働いていない」者を「無業」として,その現状と問題を明らかにした.政府統計を用いた分析によれば,(1)「周辺的フリーター」はおよそ35万人,無業者はおよそ80万人と推計される(2)90年代後半以降,非在学・非家事の「無業」が増加している,という傾向が見られた.また都道府県別に失業と無業の関係をみたところ,若年男性では雇用情勢の厳しい都道府県で無業化していたが,女性については家事従事者が増加するためはっきりした相関が見られなかった.こうした「周辺的フリーター」の増加に対して,すでに就業支援を行っている機関に対してインタビューを行い,若者に対する認識と,その認識に基づく支援の論理の構築を探った.インタビューによれば,これらの諸機関の活動はそれぞれの範囲では十分機能しているものの,しばしば限定的な支援を正当化する論理へと帰結しているという問題が見出された.今後は,これまで十分に注目されてこなかった「周辺的フリーター」の現状把握と,若者から信頼される支援のさらなる構築が求められる.
This paper aims to investigate the actual situation of "periphery freeter" and NEET. "Periphery freeter" are seldom working young people. According to the analysis, (1) "periphery freeter" are estimated about 800,000 people. (2) about 350,000 are NEET. In case of youth male the relation between unemployment rate and NEET was mutually related. But the correlation about a woman was not seen. Moreover the interview of the organization which has already offered employment support says the problem is the logic which often justifies limitation-support.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15386
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191997.pdf1.43 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください