UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15387

タイトル: 中学卒・高校中退と労働市場
その他のタイトル: Labor Market for Junior High Graduates and High School Dropouts
著者: 高橋, 陽子
玄田, 有史
著者(別言語): Takahashi, Yoko
Genda, Yuji
キーワード: 高校中退
中学卒
認知能力
人的資本
正社員就業
発行日: 2004年1月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第2号, 2004.01, pp. 29-49
抄録: 20万人に達する高校中退者および中学卒非進学者の労働市場には,高校卒以上に就業環境の悪化が予想されるものの,その実像は明らかでない.本稿では35歳以下の無業者に関する調査を用いて実証分析し,高校中退者は卒業者に比べて,明らかに学校をやめた直後に正社員となる確率が低いことを確認した.ただしそれと同時に,中退だから正社員になりにくいという傾向は,年齢を経るに従って解消されていくこともわかった.さらに中退者は学校をやめた直後に正社員となりにくいが,正社員となった後の就業継続でみれば,高校や中学の卒業者との違いは存在しないことも発見された.中退者が正社員としての就業が困難なのも,継続志向の弱さや認知能力といった資質のせいではなく,高卒以上に本人能力や志向に適った就業機会に出会いにくいことの結果である.
This paper compares the job market for high school dropouts and junior high graduates with one of high school certificates, using data on persons out of employment under 35 years old. Our results show that dropouts have lower probabilities of full-time employment just after leaving school than high school graduates. Employment spells of dropouts are not however shorter than those of high school certificates, once finding a fulltime job. It can be described that dropouts have difficulty to be fulltime worker not because they are likely to quit jobs or their cognitive skills are low but it is harder for them to meet job opportunities suitable for their abilities and intentions.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15387
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004191998.pdf1.49 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください