UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15392

タイトル: 国際化時代の規制緩和の政策決定過程と政策結果 : 日米における銀行業務分野規制の改正を例として
その他のタイトル: Financial Deregulation in the U. S. and Japan : Policy Processes and Outcomes from a Comparative Perspective
著者: 杉之原, 真子
著者(別言語): Suginohara, Masako
キーワード: グローバリゼーション
規制緩和
政策決定過程
銀行業務分野規制
日米比較
発行日: 2004年1月31日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第2号, 2004.01, pp. 179-213
抄録: 経済の国際化が進展して世界的に規制緩和圧力が高まっており,中でも金融の分野は急速に自由化が進むものと予想されてきた.それにもかかわらず,日米両国で,銀行・証券業の業務分野規制が包括的に緩和されるまでに20年近い歳月を要した.規制緩和に至るまでの政策決定過程は,両国の政治制度の違いを反映して大きく異なっていた.しかし規制緩和を遅らせた最大の要因が,既存の規制が作り出した既得権益を巡る利益集団間の対立に求められる点は,両国に共通していた.
Globalization of finance has been a driving force behind the worldwide trend of deregulation. However, the comprehensive removal of restrictions that had separated commercial banking and securities took place only in the late 1990s both in the US and Japan, although the need for change had been recognized since the 1970s. The processes of deregulation were starkly different in these two countries, reflecting the difference in their policymaking institutions. On the other hand, similar configuration of interest groups, resulted from the compartmentalization of the financial industry, hindered liberalization in both of the countries.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15392
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192003.pdf2.89 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください