UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15395

タイトル: 不確実性下での戦略的研究開発投資と経済厚生
その他のタイトル: Strategic R & D Investments with Uncertainty and Economic Welfare
著者: 松村, 敏弘
著者(別言語): Matsumura, Toshihiro
キーワード: 2段階ゲーム
費用削減投資
コミットメント
不確実性
研究開発補助金
発行日: 2004年3月18日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第3/4号, 2004.03, pp. 17-26
抄録: 複占モデルを用いて戦略的な研究開発投資競争と不確実性の関係について分析する.本論文では2種類のモデルを分析する.モデル1は,研究開発投資の増加が,成功した場合の生産費用の削減幅を大きくするモデルである.モデル2は,研究開発投資の増加が,投資が成功する確率を増加させるモデルである.モデル1では,均衡における研究開発投資の水準が過小になり,補助金政策等で投資を刺激することが経済厚生を改善する.一方モデル2では,研究開発投資は過小にも過大にもなりうる.このモデルでは比較的リスクの低い(成功確率が高くなる)種類の投資水準は過大となり,リスクの高い種類の投資は過小になる.つまり,研究開発投資が促進されるべきであるか抑制されるべきであるかは投資の性質や目的に決定的に依存する.
I investigate two strategic R and D investments games with uncertainty. In model 1 (2) an increase in expenditure decreases production costs (probability of failure). I show that two models yield different implications for tax-subsidy policies on R and D investments competition.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15395
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192014.pdf583.1 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください