UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15400

タイトル: 集積による集客力の形成
その他のタイトル: Agglomeration Effect for Consumer Behavior
著者: 小川, 昭
著者(別言語): Ogawa, Akira
キーワード: 立地選択
集積
不確実性
複占
発行日: 2004年3月18日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第3/4号, 2004.03, pp. 93-119
抄録: 本稿では,各企業が販売する財の価値に不確実性がある場合に,立地-価格競争がどのような均衡をもたらすかに関して,2企業・2地域のケースを検討している.モデルの均衡では,移動費用が低い場合には集積・分散の両方,高い場合には分散,両者の中間では集積のみが現れる.これは,集積によって,消費者がその地域を訪れた際に一度に両店舗の商品をチェックできることからより高い価値の商品を購入しやすく,その結果として期待効用が高まっているためである.もっとも,この立地パターンは経済厚生の観点からは必ずしも最適ではなく,集積促進策・集積抑制策の評価はともにケース・バイ・ケースであることがわかる.
We investigate location choice of duopolist under the location-price model. We assume that the ex ante exact value of goods is unknown for consumers and firms, and consumers visit shops to search the best goods for them, agglomeration may arise as SPNE outcome. Because, in such a situation, all consumers need is to visit agglomeration area and thus their incentive to visit there is larger than the one of other area. Hence, though competition is severer under agglomeration, firms choose to locate agglomerately to capture consumers with some consumers'transportation costs range. Also noteworthy is that such outcome is not necessarily maximizes social welfare.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15400
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192019.pdf1.25 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください