UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15402

タイトル: 立地-数量競争モデルにおける立地結託について
その他のタイトル: Locational Collusion in Spatial Cournot Competition.
著者: 清水, 大昌
著者(別言語): Shimizu, Daisuke
キーワード: 立地競争
数量競争
部分結託
線形都市
企業輸送モデル
発行日: 2004年3月18日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第3/4号, 2004.03, pp. 139-155
抄録: 本稿は立地-数量競争における部分結託を分析した.線形市場において複数の企業が第1期に共同で全企業の立地点を決め,第2期に結託を行わずに数量競争を行うとする.これは,立地選択では結託しているが,数量競争では結託をしていないという意味で部分結託である. Anderson and Neven (1991)の均衡分析では企業は中央に集積するが,ここでは市場規模と企業が支払わなければならない単位輸送費の比が十分小さければ,企業はちょうど2つの点で対称部分集積を起こすことが示された.中央集積は逆にその比が大きければ成立する.社会的な視点から見ると,前者のケースでは,企業が部分集積の際に中央から離れようとする私的な誘因を過大に持つ.また,企業数が増えることにより,企業が均衡では2点に立地するにもかかわらず,中央集積が社会厚生を改善できるようなパラメータ範囲が広くなることを示した.
Partial collusion in spatial Cournot competition is analyzed. In a linear-city setting, multiple firms collusively decide their locations in the first stage and non-collusively compete in a Cournot fashion in the second stage. We find that unlike in Anderson and Neven (1991) where firms always centrally agglomerate in a competitive equilibrium, firms tend to locate at exactly two locations when the ratio of market size to the unit transport cost firms face is sufficiently low. The central agglomeration result remains when this ratio is high. From the social viewpoint, the private incentive for separation is excessive in the former case. As the number of firms increases, the parameter range increases where firms prefer to locate at two places but central agglomeration results in a higher welfare level.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15402
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192021.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください