UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15403

タイトル: 企業結合の違法性判断における「有効な牽制力のある競争者」の位置づけ : 独禁法の一大議論の一断面
その他のタイトル: Reconstructing and Revivifying the Analytical Framework of "Effective Competitors with Competitive Constraints" in the Japanese Antitrust Merger Review : A Longtime Controversy Surrounding the Merger Regulation Policy in the Antimonopoly Act of Japan.
著者: 林, 秀弥
著者(別言語): Hayashi, Shuya
キーワード: 有効な牽制力がある競争者
インセンティブ
能力
一定の取引分野における競争の実質的制限
独占禁止法上の企業結合規制
発行日: 2004年3月18日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第3/4号, 2004.03, pp. 157-185
抄録: 本稿は,独占禁止法上の企業結合規制における「有効な牽制力ある競争者」概念の再構成を目的とするものである.「有効な牽制力ある競争者」概念は,八幡・富士合併事件同意審決以来,実務上重要な問題であるとされながら,型どおりの批判が多く,理論的な分析が本格的になされることはあまりなかったように思われる.そこで,本稿は,「有効な牽制力ある競争者」概念について,立法史,判審決,経済理論および比較法という4つの観点から多角的に理論的研究を試みようとする.そもそも,競い合いは一人でできるものではなく,競争者がいてはじめて行われるものである以上,競争者の存在とその行動様式に関する評価は,競争効果分析において本来無視できないはずである.問題は,いかなる基本的考え方の下に,いかなる要件を立てて,どのように評価するか,であると考えられる.本稿は,独禁法の素人が抱くであろうこのような素朴な疑問に立ち返って,「有効な牽制力ある競争者」の概念に関して上記4つの視点から総合的に法学的検討を行うものである.
The concept of "Effective Competitors with Competitive Constraints (hereinafter cited as "effective competitors")" has been one of the most important considerations in the Japanese Antitrust Merger Regulation. Although it's importance in the Japanese merger policy, it has been almost reviewed only in a stereotyped manner. In this article, the author analyzes the concept of "effective competitors" from several points, i.e. the legislative history of Antimonopoly Act, judgments of courts, decisions and guidelines issued by Fair Trade Commission of Japan (JFTC), economic theory, and comparative law (especially, US Antitrust Law). The competitive pressure by the properly defined "effective competitors" can prevent merging undertakings from exploiting market power. This article articulates that how "effective competitors" should be defined and identified. Then, it analyzes Japan Airlines and Japan Airsystem Business Consolidation Case (2002) which is the most controversial in recent JFTC prior consultation cases.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15403
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192022.pdf2.51 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください