UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15406

タイトル: 国内紛争と国際介入 : もう1つのコミットメント問題
その他のタイトル: Domestic Conflict and International Intervention
著者: 石黒, 馨
著者(別言語): Ishiguro, Kaoru
キーワード: 国内紛争
国際介入
ゲーム理論
コミットメント
クレディビリティ
発行日: 2004年3月19日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第5/6号, 2004.03, pp. 29-51
抄録: 本稿は,国内紛争への国際社会の介入について簡単な戦略モデルを構成し,国内紛争を回避する条件,特に国際社会の介入のコミットメントやクレディビリティについて検討する。本稿の主要な結論は,国際社会が国内紛争への介入に関して必ずしもコミットできない場合でも,国際介入のクレディビリティを十分に確立することができれば,国内紛争を回避することができるというものである.国際社会には国家主権と内政不干渉の原則があり,国際介入は人道的理由であっても確立された国際的な原則や規範ではない.したがって,国際社会は国内紛争に対して必ずしも介入するとは限らない.しかし,国際社会が介入に関してコミットできない場合でも,その介入に十分なクレディビリティがあれば,国内紛争を回避できる場合がある.
This paper constitutes a simple strategic model about an international intervention in a domestic conflict, and examines some conditions to evade the domestic conflict and in particular commitment and credibility of the international intervention. A main conclusion of this paper is that the international community is able to evade the domestic conflict if it could establish credibility of intervention enough, when it could not always commit itself to the intervention in the domestic conflict. There are the principles of national sovereignty and nonintervention in domestic affairs in the international community, and then the international intervention is not the international principle and norm that have been established even if it is the humanitarian one. Therefore, the international community may not always intervene in the domestic conflict. However, there is the case that could evade the domestic conflict if the intervention includes enough credibility, when the international community could not commit itself to the intervention.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15406
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192033.pdf1.7 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください