UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15410

タイトル: ナゴルノ・カラバフ紛争の位相 : 冷戦終結の影響と和平の模索を中心に
その他のタイトル: The Phases of Nagorno-Karabakh Conflict : Focusing on the Impacts of the End of the Cold War and Searching for the Peace Settlement
著者: 廣瀬, 陽子
著者(別言語): Hirose, Yoko
キーワード: ナゴルノ・カラバフ
アルメニア
アゼルバイジャン
領土保全
民族自決
発行日: 2004年3月19日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第5/6号, 2004.03, pp. 131-165
抄録: 旧ソ連のコーカサス地方に位置するアゼルバイジャンのナゴルノ・カラバフ自治州は,ペレストロイカ期にアルメニアヘの移管運動を開始し,やがてそれは平和的運動から,民族虐殺,民族浄化へと発展し,ソ連の内戦となった.ソ連およびアゼルバイジャン,アルメニアの各共産党は求心力を喪失し,権力が乱立したことから,紛争の収拾がなされないままにソ連は崩壊し,紛争は国際化し,戦争の規模が拡大した.以後,OSCEなど国際的主体が和平に乗り出し,結局,ロシアの主導により停戦に至ったものの,ナゴルノ・カラバフ軍がアゼルバイジャンの国土の20%を占領し続けており,「凍結した紛争」もしくは「戦争でも平和でもない状態」のままで和平プロセスは停滞している.バルト三国以外の旧ソ連ではロシアの影響力が依然として強く,また非民主的な政治体制が継続していることから,国際組織などによる予防外交なども機能しにくい.ロシアの位置は冷戦前後であまり変わっておらず,今後の当地の和平の鍵もロシアが握っているといえる.
Nagorno-Karabakh Autonomous Region, a territory within Azerbaijan in the former Soviet Union, started the change of jurisdiction movement to Armenia during the perestroika era. Apparently, this peaceful movement soon took form of genocide and ethnic cleansing, and finally developed into the civil war of the Soviet Union. Communist parties of the Soviet Union, Azerbaijan, and Armenia lost centripetal force and the proliferation of power was unsuccessful at settling the disputes. Meanwhile, the Soviet Union collapsed and the conflict became internationalized as the scale of war expanded. Henceforth, international actors such as OSCE set about peace process and the conflict resulted in the cease-fire by the initiative of Russia. However, Nagorno-Karabakh army still continues to occupy 20% of land of Azerbaijan leaving the region stagnated with "frozen conflict", or "no war, no peace situation". In the former USSR countries except in Baltic countries, the strength of the Russian hegemony and the undemocratic political systems makes it difficult for international organizations and foreign countries to implement preventive diplomacy. Russia keeps its position before and after the cold war, possibly grasping the key for future peace of the Nagorno-Karabakh conflict.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15410
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192037.pdf2.53 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください