UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15413

タイトル: 国内紛争と国際関与 : コミットメント問題と外部褒賞
その他のタイトル: Internal War and International Intervention : Commitment Problem and External Reward
著者: 河村, 弘祐
著者(別言語): Kawamura, Kosuke
キーワード: 国内紛争
コミットメント問題
外部褒章
クロアチア
マケドニア
発行日: 2004年3月19日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第55巻 第5/6号, 2004.03, pp. 207-237
抄録: フィアロンはゲーム理論のモデルを用いて,コミットメント問題を定式化し,国内紛争の勃発する論理構造の一つを明確化した.しかし,このモデルでは緊張は生じるが大規模な暴力化に発展しないような紛争回避の論理を考えるには不十分である.本論文ではいかにコミットメント問題は解消されるのか,すなわち,暴力化がいかに回避されるのか,という問題関心も含めて国内紛争の勃発と回避の過程について考察する.初めに,外部褒賞という変数を加えた修正モデルを提示し,その働きによりコミットメントの信頼性が担保され,紛争が回避されるという論理構造を示す.次に,ともに旧ユーゴスラヴィア連邦から独立したクロアチアとマケドニアという二つの事例にモデルを当てはめ,比較,分析する.独立に伴い両国とも深刻な民族問題を抱えていたが,クロアチアでは国内紛争に発展し,マケドニアでは大規模な暴力化を免れてきた.同様にコミットメント問題を抱えていた両国に差異をもたらした一つの説明として,外部褒賞の効果に注目する.
James Fearon pointed out the importance of the commitment problem as a cause of internal war. His model explains why and how internal war happens in some cases. But his model does not explain why and how internal war does not happen in other cases. In this article, I investigate the mechanism of the occurrence and avoidance of internal war. First I present a modified version of Fearon's model which includes a new variable, the "external reward". In this model the credible commitment is made by means of the external reward and internal war is avoided under this specific condition. Second I apply this model to two cases, Croatia and Macedonia. Both countries became independent from the formerYugoslavia in 1991. Although both countries had commitment problems, the outcomes after independence were completely different. While Croatia experienced violent internal war, Macedonia avoided serious violence. I hypothesize that these different outcomes can be explained by the external reward effect.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15413
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192040.pdf2.32 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください