UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15432

タイトル: 合併規制の根拠からみた混合合併の規制基準 : 経済法学からの検討
その他のタイトル: The Purpose and Standard of Conglomerate Merger Regulation(<Special issue>Economic Law and Industrial Organization)
著者: 林, 秀弥
著者(別言語): Hayashi, Shuya
キーワード: 混合合併
規制目的
規制基準
効率性
独占禁止法上の企業結合規制
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第56巻 第3/4号, 2005.03, pp. 3-29
抄録: 混合合併(Conglomerate Merger)は,水平合併とは異なり,同じ市場に属する競争者の減少をもたらすものではないため,市場構造に直接影響を及ぼすものではない.加えて,混合合併は,(1)生産費用の削減,(2)取引費用の削減,(3)外部性の解決(二重限界性の排除)といった理由で,水平合併に比べ効率性を向上させる可能性が高いともいわれている.混合合併が市場競争に与える影響が必ずしも自明でなく,かつ一般に効率性を向上させるものであるとすると,そもそもなぜ混合合併は規制されなければならないのかという素朴な疑問が生じうる.本稿は,合併規制の目的(趣旨)にさかのぼって論じることにより,かかる疑問に答えようとする.わが国では,日本の近年の独占禁止法第4章関係の届出等をみても届出件数において混合型は20~30%を占めており,混合合併規制は今後ますます重要になると考えられる.あるべき規制基準の構築のためには,その前提として,規制の目的に関する位置づけの議論が欠かせない.本稿では,合併規制の目的は帰結主義的評価だけでは正当化しえない多元的なものであり,混合合併規制の役割もかかる多元的な目的から位置づけられるべきものであると論ずる.最後に,混合合併の違法評価基準について検討を行っている.
Conglomerate Mergers, unlike horizontal mergers, would not eliminate direct competitors. Conversely, conglomerate mergers have the potential to generate significant efficiencies such as reducing production/transaction costs or elimination of double marginalization. Although the U. S. agencies believed that antitrust should rarely, if ever, interfere with any conglomerate merger, the European Commission is raising increased concern about conglomerate mergers. Recently, the Commission prohibited General Electric (GE)/Honeywell merger after U. S. approval of it. This merger case seemed to bring about conflict and divergence between U. S. and E. U. merger regulation. If conglomerate mergers have the potential to give the merged entity the ability and incentive to raise price at anticompetitive level, what are the market conditions for that? In this paper, the author discusses the purpose of conglomerate merger regulation. After the theoretical review, this paper concludes that conglomerate merger regulation has pluralistic values not only efficiencies, but also procedural fairness of competition in itself. Finally, this paper deals with regulatory standard for deciding whether conglomerate mergers would likely to give the merged entity the ability and incentive to raise price.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15432
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192084.pdf2.48 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください