UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15452

タイトル: Autonomy and Mobilization : Two Faces of Japan's Civil Society
著者: Sato, Iwao
著者(別言語): 佐藤, 岩夫
発行日: 2005年3月30日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第56巻 第5/6号, 2005.03, pp. 197-210
抄録: It has been often said that the rise of the civil society in the 1990s in Japan is one of the few valuable changes of the "Lost Decade." Another important aspect of Japanese civil society in the 1990s is the government effort to channel and mobilize citizen activity in the course of government policy-making. Japanese civil society in the 1990s must be viewed as a site of intersecting directions : the growing autonomy of citizen activity and the increasing government mobilization of it. This paper analyzes these two faces of civil society in contemporary Japan.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15452
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004192112.pdf1.05 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください