UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15473

タイトル: 日本の身下相談・序説 : 近代日本における「性」の変容と隠蔽
その他のタイトル: Sexual Life's Guide in Japan: An Introduction : The Transformation and Concealing of Sexuality in Modern Japan
著者: 赤川, 学
著者(別言語): Akagawa, Manabu
キーワード: 身上相談
セクシュアリティ
内容分析
普遍的な悩み
関係性の悩み
発行日: 2006年3月28日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第57巻 第3/4号, 2006.03, pp. 81-95
抄録: 読売新聞「人生案内」欄を素材として,「資料に向かい合う作法」としてのセクシュアリティの歴史社会学を実践する.第一に,1935~95年に掲載された身上相談を,見田宗介が用いた分類を修正しつつ,10年おきに量的分布の変遷を調べた.恋愛と結婚に関する悩みは漸減する一方,自己の性格や心に関する悩みが増加していた.第二に,性に関する悩み(身下相談)は,どの時期にもみられる「普遍的な悩み」,処女・純潔のように,ある時期以降消失する「可変的な悩み」,親密なパートナーとの関係に発生する「関係性の悩み」,自己の身体や性的欲望に関連する「個体性の悩み」等に分類される.第三に,身下相談では女性投稿者の比率が漸増しており,そこでは,「関係性の悩み」が突出して語られやすい.逆にいえば性を,自己の身体や欲望に関連づけるような語りが,隠蔽される傾向が確認された.
In this paper, we try to do historical sociology as 'methoos of treating data'using "Life's Guide", the colums in Yomiuri Newspaper. First of all, we modify the categorization by Mita (1965) on worries, classify the contents in 1935, 55, 75 and 95 into that categories, and research the quantitative changes by decades. As a result, worries about love and marriage are decreasing. Worries about their personality and mind are increasing. Secondly, Worries on sexuality are classified into four categories. (1) Universal worries found among all periods; (2)Changing worries disappeared after one period, eg. worries aboout virginity; (3) Worries among intimate relationships; (4) Individual Worries about their body or sexual desire. Thirdly, the proportion of female clients is so increasing that worries among intimate relationships are outstanding. Conversely, stories which relate their sexuality to their body or sexual desire is concealing.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15473
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004434889.pdf1.05 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください