UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
133 社会科学研究所 >
社會科學研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15482

タイトル: ケインズ『一般理論』における賃金と貨幣
その他のタイトル: Wage and Money in Keynes'General Theory
著者: 間宮, 陽介
著者(別言語): Mamiya, Yousuke
キーワード: 賃金の硬直性
貨幣利子率の高位安定性
自己利子率
貨幣の本質的特性
賃金契約
発行日: 2006年3月30日
出版者: 東京大学社会科学研究所
掲載誌情報: 社會科學研究. 第57巻 第5/6号, 2006.03, pp. 3-9
抄録: ヒックスのIS-LM分析に代表されるケインズ解釈とは異なり,ケインズは彼の『一般理論』を価値理論あるいは「需要と供給の一般理論」に基礎づけようとしていた.総需要と総供給の乖離を調整するのは価格の役目である.他方,彼は貨幣賃金の硬直性と貨幣利子率の高位安定性を伝統的な市場理論とは異なる視角から捉えようとした.すなわち,完全雇用と不完全雇用,経済の安定性と不安定性という視角からである.本論文ではケインズの言う貨幣の「本質的特性」に光を当てることによって,貨幣賃金の硬直性と利子率の高位安定性が経済システムにいかなる影響を与えるかを考察しようとした.
Different from usual interpretation of the General Theory, as is represented by Hicks'IS-LM flamework interpretation, Keynes intended to base his theory on value theory or 'the general theory of supply and demand.'The task of adjusting the discrepancy between aggregate demand price and aggregate supply price is entrusted to prices of goods and services. Ditinct from these flexible prices, there are those which are sticky or stable at higher level, money wage being the former case and the rate of interest the latter. Keynes threw light on these two singular prices, money wage and the rate of interest, from angles of their repercussion on employment of labour and their functioning to economic stability and instability. This paper, focusing on 'the essential propertis'of money as discussed by Keynes, tries to investigate how the stickiness of money wage and the stability of the money rate of interest at hihger level effect the conditions of the economic system.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15482
ISSN: 03873307
出現カテゴリ:社會科學研究
社會科學研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004434907.pdf549.31 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください