UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15739

タイトル: 縄文時代のかごの研究
その他のタイトル: A Study of Basketry in the Jomon Period
著者: 柳原, 梢子
著者(別言語): Yanagihara,Shoko
発行日: 2008年3月20日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第22号, 2008.3, pp. 1-40
抄録: 縄文時代には土器や石器をはじめ様々な道具が用いられたが、その一つに植物を編んで成型した製品がある。それらは先史時代から現在まで生活の中で重要な役割を占め続けてきた稀な道具である。本論文ではそれらのうち一群を「木製編物製品」と呼び、全国の縄文時代の遺跡から出土した木製編物製品について検討した。第1 章では、編物製品を検討する上で重要な用語や分類方法、編物製品の研究史と課題、木製編物製品の特性、編み方の分類について概要を述べた。第2 章では、木製編物が出土した43 遺跡の編物の詳細について、報告書等から収集したデータをもとにさまざまな検討を行った。まず出土編物の時期と場所を概観すると、現在のところ最も古いのは縄文時代早期初頭の粟津湖底遺跡出土編物であり、その後は晩期終末以降現在まで用いられ続けている。上限についてはさらに遡って発見される可能性が高い。出土地域の分布は遺存状況に因るところが大きいが、東北・関東・九州から多く出土している。出土状況をみると、大きく貯蔵穴内、水場遺構内および付近、貝塚や捨て場、2 次堆積に分かれ、地域や編物の種類によって出土状況に偏りがみられる。また、編み方に注目すると、広義の網代編みともじり編みには地域により明らかに分布の偏りが見られる。編み方と時期の関係をみると、多少の偏りはあるものの、早期の段階で後に見られる編み方の多くが出揃っていたことがわかる。また、近年佐賀県佐賀市の東名遺跡から縄文時代早期のかごが多数出土し、注目を集めている。筆者は、様々な方のご好意から東名遺跡の発掘調査に参加し、またかごを観察する機会を得たので、第3 章では東名遺跡出土のかごについて検討した。論文末には資料として、遺存状態のよい5 遺跡について報告書等から収集したデータを記載した。
Basketry is the tool which has been used for a long time. This paper refers to the basketry and such weaved products unearthed from sites of Jomon period in Japan. First, I surveyed the history, method and assignments of the study of wooden weaved products. Then, I gathered the information of the weaving remains in Jomon period from excavation reports and relics themselves. From these data, I examine the tendency of the usage of the basketry in this Period. Remains of basketry first appeared in early time of Jomon period, and it has been used long until present. It is highly possible that the basketry would be discovered from earlier remains. Noticing the area, the basketry remains are discovered more in Tohoku, Kanto, and Kyushu area. The bias of the area may be caused by the remaining condition, but some bias might exist already in Jomon period. The situation of the unearthed basketry in the sites can be roughly classified into 4 categories: inside of the holes for keeping food, sites concerning water, kitchen midden or such dumping spot, and secondary sedimentation. The situation must be affected strongly by the condition of remaining, but it is very significant to notice the situation as the study of techniques of weaving. The techniques of weaving have some tendency according to the area. While “Mojiri Ami” is discovered mainly in Hokuriku, Tokai, Sanin, and Kyushu area (Western part of Japan), “Ajiro Ami” is discovered more in Kanto, and Northern Area. And from the data, it is clear that in the early time of Jomon period most of the techniques seen in the posterity had been established already.  The latter of the paper, I examine the remains of basketry from Higashimyo site in Saga prefeccure. It is very remarkable site from latter parts of early time of Jomon period, because many baskets are found there. The variety of techniques found in this site teaches us that weaving techniques had established already in those day.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15739
ISSN: 02873850
出現カテゴリ: 東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kokg02201.pdf12.65 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください