UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15741

タイトル: イラン北部における鉄器時代の地域集団とその構造 : セトルメントシステム分析を中心に
その他のタイトル: Community of the Iron Age and its construction in the north part of Iran: Analysis of settlement system and regional variability of pottery
著者: 有松, 唯
著者(別言語): Arimatsu, Yu
発行日: 2008年3月20日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第22号, 2008.3, pp. 77-117
抄録: 現在のイラン・イスラム共和国にあたる地域では紀元前1 千年紀半ば以降、アケメネス朝ペルシャやメディア王国といった広大な領域国家が成立する。こうした勢力の成立過程や実態については詳細に明らかにし得る文献史料が乏しいこともあり、考古学的研究が盛んに行われてきた。しかし従来の研究は分析対象地域がイラン西部のザグロス山脈に沿った地域に限られてきた。また、対象となる政治勢力の領域の広大さゆえ、分析対象の設定や解釈といった点では比較的大まかな視点での検証が主であった。そのような視点ももちろん必要ではあるが、いくら広大な領域国家とはいえ、その実態はいくつもの地域社会、ひいてはその地域社会を構成する地域集団、つきつめれば個々のムラの集積のはずである。こうした具体的社会構造の解明もまた、それらの理解には不可欠であろう。 本稿では政治集団の基底構造としての地域集団について、その構造及び成立過程の解明を目的とする。その際従来こうした研究の対象とはされがたかったイラン北部を対象とし、それら政治勢力の成立期にあたる鉄器時代(前1450 - 550 年)における遺跡分布と土器分布の分析を行った。その結果、メディア王国成立期にあたる鉄器時代III 期には地域集団領域の広域化あるいは集団間関係の強化が起こったと推定された。地理条件に左右されず、複数の生業形態を包括した交流網が構築されたものと考えられる。同時に、集団間を結び付けるセンターとしてテル状遺跡が新たに出現したことが明らかになった。さらに、新たなセンターが出現する地域で特に居住遺跡が増加し、面的に広がる高密度の遺跡群が形成される様相がみられた。これは、地理条件に左右され、地域ごとに遺跡が散在して異なる土器の様相を呈していた前時期までとは大きく異なる傾向である。前時期の断絶的且つ排他的、流動的な地域集団の様相と比べれば、鉄器時代III 期における地域集団のあり方は大規模な政治集団形成には有効に機能したと考えられる。該期における領域国家出現と連動して、こうした地域社会の動向があったことを指摘したい。
In Islamic Republic of Iran, since 1 millennium BC, the states such as the Achaemenid Persian and the Median kingdom had been established. About the formation process and the reality of these forces, the historical literature could reveale the details of them are limited. So archaeological research activities have been often carried out. But these analysis has been limited to the west part of Iran, the region along the Zagros Mountains. Because the region of these states were vastness, analysis and interpretation have been carried out in terms of relatively broad perspective. Such perspective is of course necessary, but no matter how vast state they were, , the real constraction of them should have been accumulation of a lot of community, which were made up local groups and the individual irregularity. Elucidation of these specific structural is also essential for understanding them. This paper aims to study community as a base structure of political power, and its structure and formation process, and analyzes site distribution and pottery distribution during the Iron Age (1450 - 550BC) in the north part of Iran which has not been object of these studies. As a result, community became wider or intergroup relations was enhanced during the Iron Age III, the Median period. Comprehensive network, which had not been influenced by the geographical conditions and had included some calling groups, would have been constructed. At the same time, tell type sites would have emarged as a center of such relationship. Especially in the area where new center had emarged, number of residential sites had increased and the high-density and wide-spreaded site group had formurated. It is significantly different situation from the previous periods in which sites had been scattered depends on geographical conditions and pottery had serious regional differences. Comparing to such an exclusive and fluid community, community of the Iron age III would have effectively functionated for forming the large-scale political groups. It would be able to point out that there were these trends in the background of the emergence of political forces in this period.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15741
ISSN: 02873850
出現カテゴリ: 東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kokg02203.pdf23.67 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください