UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15742

タイトル: Comb and Appliqué Typological Studies of Two Ceramic Traditions during the Last Thousand Years in the Eastern Papua New Guinea
その他のタイトル: 櫛描文と貼付文 東部パプア・ニューギニア,過去1000 年間における土器製作伝統の型式学的研究
著者: Negishi, Yo
著者(別言語): 根岸, 洋
発行日: 2008年3月20日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第22号, 2008.3, pp. 119-161
抄録: This paper analyzes the transformational process of two pottery-making traditions during the last thousand years in the eastern Papua New Guinea by applying the typological method. This paper consists of three sections. First, after summarizing the results of the previous studies, I address two purposes. One is to clarify when and how the shallowbowl specialized culture spread out in this region. The other purpose is to reconstruct the pottery chronology without relying on prehistoric trade theory. Secondly, the typological analyses of prehistoric potteries in four areas are shown respectively. Lastly, I establish the pottery chronology consisting of three archaeological horizons and explain the emergence of the shallow-bowl specialized culture. Considering the ‘‘imitation’’ techniques that modern potters adopt, referring to the result of on-going ethnoarchaeological survey in East Cape, I can conclude that the Horizon B should be a transformational key to produce the modern pottery culture in this region. Future investigations will be necessary regarding whether the timing of change in the pottery chronology corresponds with the beginning date of Kula ring based on radiocarbon determinations.
本論文は、過去1000 年間に東部パプア・ニューギニアにおいて展開した、二つの土器製作伝統の系統的変遷を考古学的に検討するものである。まず本地域における学史の検討を行なった第1章では、①浅鉢に特化した現代の地域的特徴がいつどのように広がったのかを考察する、②交易モデルに依拠しない土器編年を再構築する、の2 つを具体的目的として示す。第2章では4 遺跡(群)を対象に型式学的検討を行い、それぞれにおける土器編年案を提示する。第3章では3つの考古学的段階( ホライズン) からなる広域編年案を提示し、地域的特徴の出現について考察する。本地域で現在行なっている民族考古学的研究の成果である、土器製作者が持つ「模倣」技術を手がかりにすると、一つの段階が土器の変容する画期になっていると結論づけられる。この解釈案について、これまで放射性炭素年代に大きく依拠して主張されていたクラ交易の開始年代と、土器文化自身が変容するタイミングとが果たして一致するのかどうか、将来的な検討を要することを明らかにする。
URI: http://hdl.handle.net/2261/15742
ISSN: 02873850
出現カテゴリ: 東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kokg02204.pdf13.7 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください