UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15803

タイトル: 重度知的障害者の余暇保障に関する一考察
その他のタイトル: Perspectives for Supporting the Leisure Activities of People with Severe Intellectual Disabilities
著者: 丸山, 啓史
著者(別言語): Maruyama, Keishi
発行日: 2004年12月25日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 29号, 2004.12, pp. 63-71
抄録: The purpose of this paper is to establish the perspectives for supporting the leisure activities of people with severe intellectual disabilities. The insufficiency of supports for the leisure activities of people with intellectual disabilities declines their quality of life, and increases their families'burden of the care. The prevalence of the idea of normalization and the advance of the securing human rights of them demand the solution of this problem. The important perspective is to grasp the leisure of them as a whole, not as disjointed combination of leisure activities. Therefore, from the pedagogical view, it is need to discuss the human development of them on whole leisure time, and to consider not only education but also welfare.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15803
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687111.pdf902.81 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください