UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15804

タイトル: 米国における次世代支援の今日的課題と世代間アプローチ : 地域・学校・家庭をつなぐシステム作りの可能性
その他のタイトル: Todays Issues of Supporting Youth and Intergenerational Approaches in U.S.A. : The Possibility of Systems Building for Linking Communities, Schools and Homes
著者: 中川, 恵里子
著者(別言語): Nakagawa, ERIKO
発行日: 2004年12月25日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 29号, 2004.12, pp. 73-83
抄録: Today American society has a lot of difficulties in caring youth. The studies of adolescence have revealed that instructive after shool programs are really needed for supporting youth. In this point of view, it is considarable that Intergenerational programs have worked for youth at risiks by building systems, linking communities, schools and homes since 80's. In this paper, I am going to discuss how to built supporting systems by making reference to one of the case study of Intergenerational programs, "Experience Corps" in Philaderphia. The key-words are "Self-organization", and "Mediator".
URI: http://hdl.handle.net/2261/15804
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687112.pdf1.15 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください