UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15810

タイトル: 戦後初期社会教育論における「集団」の検討
その他のタイトル: The Meaning of "Group" in 1950s'Adult Education
著者: 青山, 鉄兵
著者(別言語): Aoyama, Teppei
発行日: 2005年12月26日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 30号, 2005.12, pp. 41-51
抄録: Although the importance of "group" for human development has often been discussed, the meaning or the value of "group" has hardly been discussed in the context of adult education. The theory of group work, KYODO-GAKUSHU and "CIRCLE" movement are typical arguments about learning based on "group" in 1950s'adult education. In this paper, in order to get a framework of study of the meaning and the value of "group" for human development, I review the three theories and analyze what kind of meaning or value "group" has (or is expected to have).
URI: http://hdl.handle.net/2261/15810
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687167.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください