UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15818

タイトル: ドイツ成人・継続教育における環境教育の展開 : 持続可能な社会を目指す多様なパートナーシップに着目して
その他のタイトル: A Study of the Development of Environmental Education in the Field of Adult and Further Education in Germany : From the Prospect on the Multiple Partnerschip to Sustainable Society
著者: 高雄, 綾子
著者(別言語): Takao, Ayako
発行日: 2006年12月26日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 31号, 2006.12, pp. 63-71
抄録: Accompanying the population of the concept of "Sustainability", the scope of environmental education in recent years has very spreaded. This trend is asking for the citizens voluntary engagement combined with the terms like "civic participation" or "NGO/NPO" etc, to construct the citizens environmental conscious. This paper will draw the structure of praxes of environmental education among citizen in case of Germany. Because of the many discussion about "Sustainability" in 1990s in Germany, now we can see there the multiple partnerschip among the various sectors in the field of environmental education. Especially there are coexistenz of civic participation and proffessionality under the concept of "netzlike structure" with social, cultural and economical phenomenon. In these development it can be verified a theorie for the environmental education in a frame of social education.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15818
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687183.pdf935.24 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください