UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15819

タイトル: 明治初期の視覚教育メディアに関する考察 : 教育史における文部省発行教育用絵図の位置づけをめぐって
その他のタイトル: A Study on the Visual-Educational Media in Early Meiji Era : The historical significance of Educational Pictures made by the Ministry of Education
著者: 古屋, 貴子
著者(別言語): Furuya, Takako
発行日: 2006年12月26日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 31号, 2006.12, pp. 73-82
抄録: The earlier studies about educational materials have mainly focused on textbooks used in schools. But, historically, not only books but various kinds of materials have been used as educational media in Japan. In this paper, I focus on "Kyoiku Nishiki-e" (educational wood block prints) used in early Meiji era as a visual-educational media. The series of "Kyoiku Nishiki-e" were published by the Ministry of Education for children before school age and their parents. Those pictures show us the educational dimensions at the time. I examine the contents and political background of the pictures, then, clarify the significance of "Kyoiku Nishiki-e" as a educational media.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15819
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687184.pdf1.71 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください