UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15821

タイトル: 米国の世代間メンタリング・プログラムにおける相互支援と評価 : 問題を抱える若者への包括的支援にみるケアと学びの連関
その他のタイトル: Evaluation of One to One Connections'Approach in Intergenerational Mentoring Programs in USA : The Mentoring Impact on Problem-Solving Learning in a Hollistic Support System for "at Risk" Youth -
著者: 中川, 恵里子
著者(別言語): Nakagawa, Eriko
発行日: 2006年12月26日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 31号, 2006.12, pp. 93-104
抄録: How can we develop collaborative school-community partnerships that support "at risk" youth to improve their life and to make their way? In USA intergenerational mentoring program is recognized to be one of such those strategies. Across Ages is a comprehensive, Intergenerational mentoring program designed to reduce adolescent ATOD use and to increase their problem-solving skills and to help older adults (55+) maintain active roles in their communities. Across Ages is noted for its positive program evaluation. With a good reference to its outcome or process data, I am going to discuss the mentoring factor on this comprehensive program, taking a suggestion of the view point of "Learning by Expanding"
URI: http://hdl.handle.net/2261/15821
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687186.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください