UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15829

タイトル: セルフ・ヘルプ・グループによるサポートの特質と展開 : 米国における配偶者を亡くした人同士のグリーフ・ケアを中心に
その他のタイトル: The Characteristics and Development of Support by Self-help Groups : Centering on Grief Care among Widowed Persons in the U.S.
著者: 間野, 百子
著者(別言語): Mano, Momoko
発行日: 2004年12月25日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 29号, 2004.12, pp. 35-44
抄録: With rapid social and familial changes, it has become more important to expand sources of social support in order to meet people's diverse needs or demands. The purpose of this paper is to clarify the significance of self-help groups as an effective way to assist people in coping with "grief". In the United States, self-help groups, a typical example of informal social support, have been increasing both in size and in number. As an enlightening example, I will explore characteristics of learning process of newly widowed persons who take part in a peer- led self-help group called WPS (Widowed Persons Service). Finally, I would like to conclude this paper by demonstrating that self-help groups will improve members'morale, enhance their active involvement with social activities and ultimately lead to a realization of circulative support systems in communities.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15829
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687108.pdf880.18 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください