UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15830

タイトル: 韓国平生教育におけるパラダイム転換とその課題 : 社会教育法から平生教育法への変化を中心として
その他のタイトル: The Paradigm Shift in Lifelong Education in South Korea : Focusing on the Change of the Legal System
著者: 金, 侖貞
著者(別言語): Kim, Yunjeong
発行日: 2004年12月25日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 29号, 2004.12, pp. 53-62
抄録: The Lifelong Education Law was established in 1999 as the result of the education reform in the middle of 1990's in South Korea. It not only means the change of the legal system but also a paradigm shift of the idea of lifelong education. This paper is to examine the meaning and significance of the changes brought by the establishment of the Lifelong Education Law. This paper will first review the content and limits of the Social Education Law. Secondly, the process of the education reform and the article of the right to learn in the Fundamental Law of Education (which is the philosophical ground of the Lifelong Education Law) will be described. Thirdly, the paper will grasp the features of the Lifelong Education Law and based on the examination of this, it will focus on community lifelong education. Finally, the paper will suggest how we can make lifelong education sustainable.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15830
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687110.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください