UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習・社会教育学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15831

タイトル: 占領期社会教育政策としての芸術文化事業の展開 : 芸術祭を中心に
その他のタイトル: Arts Policy in the Early Period of U.S. Occupation in Japan
著者: 新藤, 浩伸
著者(別言語): Shindo, Hironobu
発行日: 2004年12月25日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯教育計画講座社会教育学研究室紀要編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習・社会教育学研究. 29号, 2004.12, pp. 95-102
抄録: This paper aims to clarify the arts policy in Japan soon after the World War II, which has not been focused by the research on social education nor on arts policy. First, after the review of the concept of "cultural pocicy" around 1940, the arts policy in Japan in post-war period is analyzed from three perspectives : Reformation of the Ministry of Education, arts policy of CI&E and cultural activity sprung up all over Japan. They are important factor to promote the reformation of the post-war structure of arts policy in social education. Secondly, Geijutsusai (Arts Festival) held in September 1946. Geijutsusai had the dualistic concept : the rebirth and emancipation from ruined and oppressive Japan, and propaganda against America based on the old moral or patriotism. Geijutsusai shows the complicated character of reformation of social education.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15831
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習・社会教育学研究
生涯学習・社会教育学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004687114.pdf831.41 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください